息子へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

個性尊重、ゆとり教育

この春の新卒者教育一期生らしい。

かわいそうだなぁ、この世代。
教育を放棄されて育ってしまったのだから。

理想は崇高だったのかもしれない。
でも頭でっかちに過ぎた。
総合教育?学校の先生がリード出来ると思ったのか?
児童、生徒に博士にでもで難しそうな理想を押し付けたのではないか。

結局緩んだだけ・・・。先生も生徒も・・・。
学校を信じた親もかわいそう。

そして反省も総括もなく方向転換。

ほんとうにかわいそうだよ。この世代。

さて、ゆとり一期生とマジで向き合うしかないよな。
それが礼儀だ。

先ずは提言しよう。

「先ずは話を聞こう」と行きたいところなのだが・・・
緩~い彼らには何も無いのだから。
恥ずかしいとも思わない。コンプレックスももっていない。
個性尊重だし。

自分はバリバリの工業化社会のJIS画一教育世代だが
個性が無いとは思わない。
押し付けられたからこそ、反発も出来たし、そのなかでこそ
どうしても譲れない自分の個性は浮き彫りになって来たんだと思う。
スポンサーサイト
  1. 2010/05/09(日) 22:51:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<民主党やっちまったな・・・ | ホーム | 民主主義下のリーダーって・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://6967b4.blog27.fc2.com/tb.php/6-24653acd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。