息子へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

一瞥するなかれベーシックインカム

要は負の所得税。

国民全員にってどうよと思ったが、国は国民の所得把握能力がない以上次善の策と言えなくもない。

このベーシックインカムの背景には、補助金や規制による人為独占、それに伴う社会余剰の喪失、
それに伴う国家財政一切の無駄を廃して大リストラを敢行する必要がある、との哲学がある。
つまり、補助金等に支えられてこそ存続している一切の亡霊を排除しよう、との哲学である。

権力の役割
①外交・・・国民の意思を集約して表示して国家を代表して法律行為を行うこと。
②防衛・・・わが国固有の領土上での主権を維持すること。
③治安維持・・・自然権享受を保障し、その侵害者、自然犯に対して刑罰を与えること。
④福祉...社会保障、公衆衛生

未成熟国ならいざ知らず、成熟国における国家の役割は可能な限り限定されるべき。
国民経済が黒字で膨大な資産を保有している。
労働人口の半数以上が高等教育を受けている。

福祉政策は生活保護に一本化すべし、とする主張とベーシックインカムは哲学においては同一である。

厚生年金を数ヶ月未払いであった際、銀行口座を差し押さえられた経験から言えること。
それは国民年金や厚生年金は決して個人の任意に基づく制度では決してなく、一種の税であるということ。
国家権力により強制的に徴収される税に他ならないということ。

ならばいっそ、国民年金未払い者は、国家の徴税能力の問題として放免すべきではないか。
そして年金一本化の議論を越えて、稼得能力の無い者は全て生活保護対象とすべきではないか。

国家が健康でシンプルになることを嫌う者・・・実は亡霊であることがままあるのである。
目先の利害を超えた判断が出来ない者たちに、信頼を寄せる価値はない。

スポンサーサイト
  1. 2011/09/27(火) 15:18:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<地域を語ろう!日本を語ろう!世界を語ろう!& your life !! | ホーム | コミュニケーション能力の覚書>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://6967b4.blog27.fc2.com/tb.php/24-f72863a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。