FC2ブログ

息子へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

偽善者・・

多いよな~最近。。

善人ぶる人って、どっか疚しさでもあるのかなぁ。

と、ふと思う。

丸山真男が「インテリの疚しさ」ってこと言っていたげど
その偽善性を自覚しているからこそ
そこに目を背けて悪者を資本主義や何やらに見出すのか。。

50にもなったし、そろそろお世話になった先生たちに本音を聞きに行こうかな(笑)

スポンサーサイト
  1. 2015/10/04(日) 02:33:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

50になった。一日一日が愛おしい。
未だ現役でいられることに喜びを感じる。
せっかく現役で居られるんだぞ。
精一杯やろう。精一杯。
何のために、ということではないのだ。
ただただ生命に感謝して精一杯命を燃やしたいのだ。

今まで随分、人を非難してきたようにも思う。
魂込めないでポーズ取るな!フリすんな!
なんて随分言ってきたものだ。

それはもしかして潜在意識にあるもう一人の自分への苛立ち?
弱者ぶってる偽善者に実は自分もなれるものならなりたいよ!
という潜在意識があったのかもしれない。
他人を見て「ズルい!」って思うことは実は「いいな」の裏返しだったのかもしれないのだ。

他人に自分の中にもある弱さを見たからこそ否定せずにはおれなかったのだ。

最近は少し違う。皆好きなように生きるが良い。そう思う。
俺は命を燃やしたい。ただそれだけだ。
地位とか体裁とかじゃなくただただ精一杯生きたい。
自分に出来ることにベストを尽くしたい。
気持ちいいんだ。それが何より。
引退後には決して出来ない、現役でいられる今だから出来ることが愛おしい。
現役の一日一日が愛おしい。
  1. 2015/09/06(日) 22:30:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

理解不能・・・それで良いのだ

我社にいることを交渉材料に

元の会社に戻って行ったよ。

しかもウチの女の子に手をだしてw


ちょっと俺には理解不能だ。

精神破綻していないか?と心配してもしょうがないし。


わけわからんけど・・・

本人がそれで良いなら

それで良いのだ。


まぁ、収まるところに収まったというカンジだな。


アタマで理解しようと思えばわけわからんが・・・


んん。やはりオマエは、そんなもんかと妙に納得したりもして。


第一印象とか直感って大事だな~。。。

不思議な空気プンプン匂わせて

何かフィットしていなかったもんな~。


ある意味OOちゃんがウチの会社守ってくれたのかな。


縁があったようで縁がなかった。

まぁ、それだけのことだ。

それで良いのだ。












  1. 2013/07/18(木) 13:40:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

社会主義者よ!


上っ面の管理職よ。

自ら

「偽善者」であることを

認めたなら俺は許すよ。


自ら卑怯者であることを

認めている者を

それ以上追い込むような

ことはしない。


黙って去ってゆくがよい。



但し、相変わらず偽善者ぶって

我が社の財産を貪るなら


更に卑怯な真似をして

侵害を加えるなら


俺は


自力救済も辞さない。


少なくとも

そのくらいの覚悟は持っているよ。







  1. 2013/04/27(土) 12:15:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

働かざる者食うべからず

体裁の良い搾取。現代版の搾取。

補助金や規制で社会余剰をむさぼること。

搾取される国家、搾取される企業、搾取される使用者ということが十分あり得る。

補助金や規制という下駄を履いたところほど
左翼系の人たちが労働者面しながら頭でっかちな事を言う。

甘えの構造、中二のガキが絶対安全なところで親父に反抗するように。

弱者保護とか、正義のふりをしながら社会余剰をむさぼる方がよほど卑怯ではないか。

安閑とサボる口実ばかりを考えるなんて俺には出来ない。
人生もったいなくないか。

大事なことは健康体でいること。健やかに自然と調和すること。
それがワクワクするっていうことなんだと思う。



  1. 2013/02/05(火) 20:41:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。